ベトナムを電車やバスを使い陸路で縦断して感じたこと

ベトナムの北部のハノイから南部のホーチミンまでを電車とバスで40時間かけて移動しました。

距離にして約1800km(水曜どうでしょうの走行距離を参照)。

ベトナムにいた日数は合計13日。

ものすごい弾丸でした。

本来ならもっと長くいる予定でしたが、10日くらい短くなりました。

その理由はズバリ、暑かったから笑。

僕はもともと暑いのが苦手なので、アジア全般が苦手です。

なるべく涼しいところに行きたいのです。

妻も暑いところは苦手だということで、当初の予定よりも早くなりました。

ただ13日といえど、ベトナムを電車やバスを使い、陸路で縦断して感じたことを簡単にまとめたいと思います。

 

1.ベトナム人は意外とマスクをしている

日本人はよくマスクをつけていると言われますが、ベトナムの人もバイクを乗っている人は結構マスクをしてました。

排気ガスなどで空気が悪いのが原因だとは思いますが、マスクをするのは日本人だけじゃないことがわかって良かったです。

 

2.路地がめちゃくちゃかっこいい

 

外国の風景を伝えるために毎日写真を撮っているんですが、とにかく路地がめちゃくちゃかっこいい!

日本にいる時から路地好きでしたが、ベトナムに来てさらに路地が好きになりました。

 

3.田舎は静かで過ごしやすい

ベトナムは客引きとバイクのクラクションがうるさいイメージがありますが、田舎に行くとそこまでうるさくありません。

どこの国でもそうかと思いますが、田舎と都会は全然違います。

 

4.都会は快適に住めるレベル

大都市、特にホーチミンは排気ガスを除けばものすごく快適です。

カフェやコワーキングもオシャレで綺麗なところも多いので、住んでも良いかなと思うレベルです。

 

5.年々物価が上がっていてヤバい

経済成長が進んでいるからか、年々物価が上がってきています。

3年前にベトナムに来た時より物価は確実に高くなっています。

まだ日本よりも高くはないですが、このままいけば数十年後には同じくらいになるんじゃないでしょうか。

「東南アジア=物価が安い」

のイメージは壊れつつあります。

 

6.ドラえもんが人気


バスの隣で子ども達がスマホでドラえもんを見ていました。

またグッズもいたる年で売られていたので人気なんだと思います。

僕もベトナムでドラえもんに出会えてテンション上がりました^^

 

7.女性がかわいい


ベトナムを縦断して感じたのは、どこの都市の女の子もみんな可愛いということ。

つまり「ベトナム=最高」です。

 

まとめ

なんだかあっという間に終わってしまいましたが、ベトナムを縦断することは昔からの夢だったので嬉しいです。

ただ短期間で陸路の縦断はものすごく疲れました。

正直もうバスには乗りたくない笑。

弾丸で行動しすぎたので、かなり疲れが溜まっているのでこれからはゆっくり行きたいかな。

次の国はカンボジア。

ベトナムよりも治安が悪そうなので、今まで以上に気をつけて行動していこうと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします