HSP・日々思うこと

今の仕事が辛いなら辞めてもいい|苦手なことをやり続けると体調を壊す

こんにちは、カズッシー(@kazusy10)です。

今回も仕事のことについてお話したいと思います。

「石の上にも3年」という諺が日本にはあるように、昔から一つのことを長く続けるのが美徳という考えがあります。

昔は終身雇用だったので長くいればお金も入ってきたので、価値観はだいぶ変わってきてると思います。

ただまだそれでも長く続けることは良いことだという考えが残ってます。

もちろん、自分がこれがやりたい、これをやってるだけで楽しいと思えるのであれば続けた方が全然良いと思うんですけど、ある程度の期間やってみて、本当にダメだと思ったら、倒れる前に辞めた方が良いと思います。

僕は今フリーランスのブロガーといて活動してますが、それまではネットワークエンジニアとして働いていました。

ネットワークエンジニアとして働いた理由がですね、元々海外が好きで海外で働けるからという理由でした。

なのでその仕事内容が好きかと言われたらそうじゃなかったんですよね。

毎日ストレスはめちゃくちゃ溜まってきてたんですけど、ただ他にやりたいこともなかったですし、我慢して続けていました。

というか僕の場合は誰かにあわせて働くというのが苦手だったんですよね。

それでストレスが溜まりに溜まって、強直性脊椎炎という自己免疫疾患の一つの難病になってしまいました。

結局数ヶ月間体を動かせなかった時があって、今は体を動かせるようになったんですけど、この経験からですね、本当に辛い場合は辞めても大丈夫です。

自分の体を最優先にして欲しいと思います。

僕がなぜ辛い仕事を続けていたのかというと、やりたいことがなかったというのと、あとは他人の目ですね。

辞めてどうやって生きていくんだ、そんなんじゃ何やっても続かないぞ。

そういう視線や言動を言われるのが怖かったんです。

あとはある言葉を信じていました。

それは、「苦手なことでも、やり続けていればその仕事が好きになる」という言葉です。

名言書かTVか何かで知った言葉で、ずっとこの言葉が頭に残っていたんです。

今のこの苦手な仕事もいつか好きになるんじゃないかと思ってたんです。

結果的に、好きにはならずに体を壊してしまいました。

なので、例えばうつ病とか体に支障が出てきた場合は、誰かに相談するとか、転職するのも手だと思います。

正社員が辛いなら、日本ならアルバイトもありますし、フリーランスで活動するのもありです。

もしかしたら、辞めても良いという言葉は無責任に聞こえるかもしれません。

ただ、「そんな簡単に仕事を辞めてどうするの?」って言う人は、僕がそれで仕事を続けて体を壊しても、責任はとってくれないですよ。

結局周りの人は言ってくるだけなので、最終的にはご自身の判断で決めて大丈夫です。

もし今本当に仕事が辛いのであれば、頑張って続ける必要はないよと言うことを今回言いたくて記事にしました。

今年大学を卒業してこれから社会人として働こうと思われている方もいると思います。

闘うだけじゃなくて、引く選択肢もあるんだよと言うことを覚えておいて欲しいと思います。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

※YouTubeでも話しているので、良かったらチャンネル登録をお願いします

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします