YouTube

YouTubeのチャンネル登録者1,000人は難しい!道のりと壁を感じて心が折れそうな方に伝えたいこと

こんにちは、カズッシー(@kazusy10)です。

YouTubeを始めて約1年3ヶ月、合計220本以上の動画を出してついにチャンネル登録者1,000人を達成しました!!!

YouTubeを始めた当初の目標がチャンネル登録者1,000人だったので、正直めちゃくちゃ嬉しいですね。

ただ僕は一般人で無名だったので、チャンネル登録者1,000人まで到達するのにかなり大変でした。

そこで今回は、YouTubeのチャンネル登録者1,000人までの道のりと、うまく行かずに壁を感じて心が折れそうな方に向けて書きたいと思います。

YouTubeのチャンネル登録者1,000人までの道のりと達成するまでにやったこと

YouTubeのチャンネル登録者1,000人までの道のりですが、基本的にはチャンネル登録者100人を達成した時にやったことと変わりません。

  1. ジャンルを絞った
  2. タイトルにキーワードを入れた
  3. 関連タグを入れた
  4. ハッシュタグを入れた
  5. 概要欄を詳しく書いた
  6. 台本を書いた
  7. 編集していらない部分をカットした
  8. 数をこなした
  9. サムネイルをしっかりと作った
  10. 同じジャンルの動画を見て何が人気か調べた
  11. 他人と比較しないようにした
  12. 自分で自分を褒めるようにした
  13. 一人に向かって話すようにした
  14. 完璧を求めないようにした
  15. 成長曲線を思い浮かべた

詳しい内容は以下記事で解説しています。

【YouTube】チャンネル登録者数100人達成は難しい!僕がやった方法を全部紹介YouTubeでチャンネル登録者100人を達成しました!かなり難しかったです。期間や僕がやった方法を全部紹介しています。...

僕がチャンネル登録者1,000人を達成したのは「HSPチャンネル」です。

HSPはHighly sensitive personの略で、とても敏感で繊細な人のことを言います。

名前だけは聞いたことがある方はいるんじゃないでしょうか。

ちなみにHSPは病気ではなく気質です。

僕自身もHSPで仕事や人間関係で悩んできたので、自分と同じように悩んでいる人がいるんじゃないかと思い投稿を始めました。

初めは数人しか見てくれませんでしたが、しばらく投稿を続けているうちに徐々にチャンネル登録してくれる人が増えてくるようになりました。

後半の3ヶ月くらいはメンタルを病んでまったく投稿していませんでしたが、過去動画を見てくれて登録してくれる人が増えてなんとかチャンネル登録者1,000人を達成することができました。

YouTubeを開始して1年3ヶ月、合計230本くらいは動画を出しましたね。

最初の1ヶ月はチャンネル登録者が数人。

再生数も数回しかなくてほんとキツかったです。

 

YouTubeのチャンネル登録者1,000人が難しいと壁を感じてる方に伝えたいこと

YouTubeを始めたけど、なかなかチャンネル登録者が伸びずに壁を感じて悩んでいる方に伝えたいことがあります。

それは、すぐに成果が出るとは思わないことです。

有名人や美男美女、人前で話すのが得意な人ならともかく、僕みたいな人見知りで無名の人がYouTubeのチャンネル登録者1,000人を達成するのはすごく難しいです。

実際にチャンネル登録者1,000人以上いるチャンネルは、全体の10〜15%しかいないと言われています。

達成していない人の方が圧倒的に多いです。

特に今は参入者が増えまくってパイの取り合いになっているので、以前よりも難しくなっています。

だいたい見るチャンネルが決まっちゃってるんですよね。

だからこそ、長期戦になるのは覚悟しておいた方がいいです。

僕もYouTubeを始めた時は、1年でチャンネル登録者1,000人を達成できればいいなと思っていました。

自分のライフスタイルに合わせた発信をするほうが、無理なく続けられます。

そしてそれでもうまく行かない場合は、一度YouTubeから少しだけ離れてみるのもあります。

僕もチャンネル登録者が数百人のところで伸び悩んでしまい、メンタルを病んで数ヶ月間YouTubeから離れてました。

その間にメンタルも落ち着き今後の方向性がうっすらとですが見えてきました。

 

YouTubeを諦めるのも諦めないのもどっちでもいい|大切なのは自分を責めないこと

もししばらく休んで辞めようと思えばやめてもいいですし、それでも続けたいと思ったら続けるでいいと思います。

僕は諦めるのも諦めないのもどっちでもいいと思っています。

YouTubeを1年以上やって感じたのは、向き不向きがあることです。

たとえばTwitterのフォロワーが1万人を超える人でも、YouTubeのチャンネル登録者は数百人の方もいます。

逆にYouTubeのチャンネル登録者が1万人いても、Twitterでフォロワーが数百人の方もいます。

Instagramやブログなんかもそうですね。

プラットフォームによって相性はあるので、自分が合いそうなプラットフォームでやるのが一番おすすめです。

僕は人前で話すのが苦手、カメラに自分を撮られるのが苦手なのでどちらかと言えばYouTubeは苦手な方です。

それでも続けてこれたのは、少なくても見てくれるユーザーさんがいたからです。

休んでいる間もユーザーさんからコメントやメッセージをいただいたことで、ここまでこれました。

ユーザーさんのおかげだと思ってます。

なので無理だな・苦手だなと思うことは無理して続けなくても大丈夫です。

一番大切なのは、うまく行かないからといって自分を責めないことです。

僕がYouTubeでチャンネル登録者1,000人を超えたのは2チャンネル目です。

最初は旅チャンネルで始めましたが、100動画出してもチャンネル登録者は100人しか増えませんでした。

その時自分はなんてダメな人間なんだと責めてしまっていました。

自分をダメな人間だと思う

やる気がなくなる

投稿してもどうせ見られないと悲観的になってしまう

この負のループを繰り返してました。

YouTubeをやっていると、どうしてもYouTubeのことだけに思考がいきがちです。

ただ他にも道はあります。

YouTubeでうまく行かないからと言って、落ち込む必要はありません。

YouTubeをやらない人が多い中、始めようと思っただけですごいです。

もっと自信をもっていいんですよ。

これまでずっと自分を責めてきた僕が言いたいのは、自分を責めないであげてほしいです。

 

まとめ

今回は、YouTubeのチャンネル登録者1,000人を目指しているけど、うまく行かずに壁を感じて心が折れそうな方に向けて書いてみました。

僕の場合は特定の一人に届けばいいなと思ってチャンネルを運営しています。

僕がYouTubeのチャンネル登録者1,000人を達成できたのは、ユーザーさんに助けられた、運が良かったからだと思っています。

だからこそ、うまく行かないからと言って落ち込まないで欲しいです。

無名の一般人であれば数十人チャンネル登録者がいるだけでもすごいと思いますよ。

YouTubeのチャンネル登録者1,000人を達成するのは大変だと身に染みて分かるので、今目指している方は本当に応援しています!