アルゼンチンのブエノスアイレスからイグアスの滝までバスで行ってきた感想

※世界一周146日目

今日はアルゼンチンのブエノスアイレスから、イグアスの滝までバスで行くことにしました。

ブエノスアイレスからイグアスの滝までバスだと18時間かかるみたいですね(笑)

本当は飛行機で行きたかったんですが、飛行機だと往復10万円以上もしたのであえなく断念。

バスの場合は片道1,970ペソ。

日本円だと12,805円(1ペソ6.5円で計算)。

約4分の1の値段です。

幸い時間はあるのでバスで行くことに。

 

バスチケットを買いにバスターミナルまで行く

バス停の場所はレティーロ駅の近く。

当日バスチケットを買うのは不安があったので前日に買いに行くことに。

レティーロ駅周辺は治安が悪いと聞いていたので、すごくビビりながら行ったんですがそこまで怖いと感じることはありませんでした。

ただレティーロ駅の隣にスラム街があるんですが、そこは絶対に入ってはいけません。

地元の人でも入らないそうです。

スラム街では何かあっても警察も動いてくれないんだとか。

興味本位で写真を撮るのもやめておいたほうが良いです。

場所はだいたい雰囲気でわかります。

ここはヤバい場所だと・・・。

話を戻して先ずはホテルから徒歩でレティーロ駅へ。

 

かなり大きくて、そして綺麗。

オシャレなスタバも入ってます。

ブエノスアイレスのレティーロ駅にあるスタバがオシャレだった!

2017.12.06
 

こちらが近くにあるバスターミナル。

 

中には100社以上のバス会社の窓口がずらりと並んでいるので、どこがいいのか全然わからない・・・。

 

インフォメーションセンターでイグアスまで行きたいと伝えると、イグアス行きのバスチケットを販売している場所が書かれた紙をくれる。

 

妻と話し、評判が良さげだった121番の「VIA BARILOCHE」の会社から買うことに。

121番が見当たらなかったんですが、バス会社名が同じ窓口から購入。

 

そのあとはホテルまで1時間ほど歩いて帰宅。

ブエノスアイレスからイグアスの滝までバスで行ってきた!

翌日ホテルにタクシーを呼んでもらいバスターミナルまで移動。

14時10分出発予定だったんですが、時間になっても電光掲示板などにも表示されず。

不安ながらに待っていると、時間少し遅れてバスが到着。

こちらが今回乗るバス。

 

緑色です。アマゾン色。

イグアス行きって書いてますね。

早速中へ。

イグアス行きのバスの座席はかなり広め。

 

飛行機のビジネスクラスの座席より広いです。

リクライニングもできるから倒して眠ることも可能。

 

これは快適ですわ。

トイレもついてます。

TVモニターは一番前についてます。

 

ただ個人的にはモニターが各席についてくれてると良いなと思いました。

あとWi-Fiや電源コンセントもなかったので、次回乗るバスはWi-Fiや電源コンセント付きのものを選びたい。

そして横と後ろからエアコン。しかも全体で調整しているから自分では止められない。

「このバスはバカかっ!!」出川風

上着を持ってた方が良いです。

一応毛布はあるのでそれである程度はしのげます。

愚痴は置いといて、バスの中からは安心してブエノスアイレスの街並みが撮れます。

 

18時30分におやつが渡される。

 

21時30分頃に晩御飯。

 

結構ボリュームがあって助かる。

翌朝8時頃に朝食。

クロワッサン&クロワッサン!

 

9時30分頃にイグアスの街に到着。

 

ブエノスアイレスからイグアス行きのバスに乗った感想

ブエノスアイレスからイグアス行きのバスに乗った感想を箇条書きで書いておきます。

・座席は広くて快適
・Wi-Fiや電源コンセントはない
・TVモニターの音が一番後ろの席まで聞こえてきたので前の座席はうるさいかもしれない
・一番後ろの席は空調の音が少し気になる
・20時間ずっとバスに乗りっぱなしなので疲れる

こんな感じ。

愚痴ばっかり(笑)

前情報で南米のバスはものすごく快適ということを聞いていたので、期待しすぎてしまった。

期待しないで乗ればそれなりに快適に過ごせるかもしれません。

ブエノスアイレスからイグアスの滝に行こうと思われている方は、今回の情報を参考にしていただければと思います。

 

イグアスの街からイグアスの滝までバスで移動

ここからさらに30分バスに乗ってイグアスの滝にいく必要があります。

イグアスの街のバスターミナルもそこそこ大きい。

どこでチケットを買えば良いかわからない。

イグアスの滝行きのバスの時間が書いてあるところで購入。

 

チケットは往復150ペソ。

現金のみの支払いなので気をつけましょう。

11番からバスが出ているらしいので、こちらでしばし待つ。

 

少ししてバスが到着。

 

座席は普通な感じです。

 

一応バックパックも上に入れられます。

 

30分でイグアスの滝の入り口であるイグアス国立公園に到着。

 

まとめ

今回ブエノスアイレスからイグアスの滝の入り口であるイグアス国立公園まで20時間かけてやってきましたが、かなり疲れましたね。

しかもまた明日20時間かけてブエノスアイレスに戻り、さらにそのまま20時間かけてチリのサンチャゴまで行ってきます(笑)

4日で合計60時間のバスの旅。

体力勝負になりそうですが、無理しないで行ってきます!

アルゼンチン側にあるイグアスの滝「悪魔の喉笛」を個人で見に行ってきた感想

2017.12.06

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします