本・書籍

【辛口】ストレングスファインダー2.0をやってみた感想やデメリット

こんにちは、HSPブロガーのカズッシー(@kazusy10)です。

今回は、ストレングスファインダー2.0をやってみた感想やデメリットを辛口で紹介したいと思います。

ストレングスファインダー2.0は有料です。もし無料で類似の診断テストを受けたい場合は「グッドポイント診断」や「ミイダス」を利用されるのがおすすめです。

【無料】ストレングスファインダーの類似診断ができるアプリ2選ストレングスファインダーのような診断を無料でできるおすすめの類似アプリ・サイトを紹介しています。リクルートが運営しているリクナビNEXTのグッドポイント診断とミイダスの診断テストは無料でできます。...

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーは、アメリカのギャラップ社が開発した人の強みの元=才能を見つけ出すツールのことです。

1998年、クリフトン博士によって生み出されました。

全世界で1,500万人が受け、書籍に関しても累計100万部を突破してるなんてすごいですよね。

書店に毎年平積みで置かれているイメージがあります。

ストレングスファインダーは、自分の弱みを改善しようとするよりも、自分の強みを活かすことで最大の能力を発揮しようという考えを元に作られています。

177個の質問に答えることで、自分の強みを知ることができます。

才能を34の資質に分けて、自分に合う5つを選出してくれます。

ストレングスファインダー2,0と1.0の違いは改良版かどうかです。

実は10年以上前にストレングスファインダーをやったことがあるんですよね。

結果を忘れてしまったので、10年ぶりに改めてストレングスファインダーをやってみることにしました。

 

ストレングスファインダーのやり方や値段

ストレングスファインダーをやる方法は以下の3つです

  1. アクセスコード付きの本を購入(1,980円)
  2. ギャラップ社のHPでアクセスコードを購入(2,340円)
  3. アプリで課金

34資質すべてを知りたい場合は、公式サイトから5,850円で購入できます。

僕はアナログ人間なので、アクセスコード付きの本を購入しました。

アクセスコード付きの本の方が、HPでアクセスコードを購入するよりも値段は安かったです。

 

ストレングスファインダー2.0のやり方・手順

ストレングスファインダー2.0の書籍の後ろにアクセスコードがあります。

こちらを用意しておきましょう。

米国ギャラップ社のサイトのサイトにアクセスします。

米国ギャラップ社公式HP:https://www.gallup.com/cliftonstrengths/ja/home.aspx

右上に「コードの引換」ボタンがあるのでクリックします。

海外サイトですが、日本語訳を表示してくれるので安心です。

アクセスコードの入力を求められるので、コードを入力します。

「CliftonStrengthsテストを受けます。」にチェックを入れます。

そのあとは個人情報などを入力して設問に答えていくだけです。

個人情報は日本語でも大丈夫でした。

35分くらいかかるので、時間に余裕がある時にやりましょう。

 

ストレングスファインダー2.0の結果・感想

僕のストレングスファインダー2.0の結果がこちらです。

1.内省

内省という資質を持つ人は、頭脳活動に多くの時間を費やします。内省的で、自分の頭の中で考えるのが好きで、知的な討論が好きです。

2.最上志向

最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

3.適応性

適応性という資質を持つ人は、「流れに沿って進む」ことを好みます。「今」を大切にし、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することにより、将来を見極めます。

4.慎重さ

慎重さという資質を持つ人は、決定や選択を行う時に細心の注意を払います。あらゆる道のりには、危険や困難が待ち受けていると考えています。

5.運命志向

運命思考という資質を持つ人は、あらゆる人や物事は互いに結びついていると考えています。この世に偶然というものはほとんど存在せず、ほぼあらゆる出来事には何らかの理由が存在すると確信しています。

レポートにはさらに詳しく掲載されています。

当たっていると言えば当たっていますね。

逆に35分くらいかけてやったので当たってないと困ります笑。

 

ストレングスファインダー2.0をやって感じたデメリット

ストレングスファインダー2.0をやって感じたデメリットも紹介しておきます。

大きく分けると以下の2つです。

  1. 海外サイトなので日本語翻訳が分かりづらい
  2. 有料

まず一つ目が海外サイトなので日本語翻訳が分かりづらいことです。

質問の意図が分からない設問もあったので、きちんと答えられませんでした。

質問数も177個と多くて各20秒以内に答えないといけなかったので途中から疲れちゃいましたね。

あとは回答も日本語訳が堅苦しくて分かりづらかったです。

もう一つは有料なことですね。

HPから申し込みもできるんですが、本を買うよりも高かったです。

さらに詳しく知りたい場合は追加料金もかかるので、値段は高いなという印象でした。

 

ストレングスファインダーの良い評判や悪い口コミ

最後にストレングスファインダーの良い評判や悪い口コミも紹介しておきます。

ストレングスファインダーをやることで自分を知れたと言う口コミが多かったですね。

ただ僕と同じで読みづらいと言う方もいました。

あと最後の方も言ってますが、どの資質も良い悪いではなく使い方です。

 

ストレングスファインダー2.0は自分を知りたい方におすすめ

今回は、ストレングスファインダー2.0をやってみた感想やデメリットを辛口で紹介させていただきました。

自分を知りたい方は試しにやってみる価値はあります。

もし無料で類似の診断テストを受けたい場合は、リクルートが提供している「グッドポイント診断」やミイダス株式会社が運営している「ミイダス」をやられてみるのをおすすめします。

正直に言うと、グッドポイント診断もミイダスも日本企業が提供しているから、こっちの方が分かりやすかったです。

自分を知ることで苦手なことの対策ができるので、興味がある方はやられてみてはいかがでしょうか?

リクナビNEXTのグッドポイント診断をやってみた|自分の強みが知れるリクナビNEXTのグッドポイント診断をやってみると、自分の強みが知れますよ。注意点についても紹介しています。...
【無料】ミイダスのパーソナリティ診断とコンピテンシー診断をやってみた|辛口だけど当たってる転職アプリ「ミイダス」の無料でできるパーソナリティ診断とコンピテンシー診断をやってみました。辛口だけど当たってます。...
【無料】ストレングスファインダーの類似診断ができるアプリ2選ストレングスファインダーのような診断を無料でできるおすすめの類似アプリ・サイトを紹介しています。リクルートが運営しているリクナビNEXTのグッドポイント診断とミイダスの診断テストは無料でできます。...