世界一周準備編

世界一周に行く前に準備としてやっておくべき10つのこと

こんにちは、カズッシー(@kazussy10)です。

僕は2017年7月からの2018年の1月末まで、妻と一緒に約7ヶ月間ビジネスクラスで世界一周をしていました。

世界一周をすると決めてから実際に旅立つまで半年くらいあったんですが、やっぱり直前になるとバタバタしましたね。

あとは世界一周から帰ってきてから、これは持っていっておいたほうがよかったな〜と思うものもありました。

そこで今回は、世界一周に行く前に準備としてやっておいたほうが良いことを10個紹介したいと思います。

 

世界一周に行く前にやっておくべき10つのこと

それではこれから、一つずつ順番に紹介していきます。

1.パスポートの有効期間をチェックしておく


旅に出る前は大丈夫でも、長期間旅していると有効期間が終わっているなんてこともあります。

残りの有効期間が短いと入国できない国もあったりします。

これ以外と見落としがちなので、旅に出る前にパスポートの有効期間は確かめておきましょう。

 

2.航空券を取得しておくことです

航空券取得も結構時間がかかります。

世界一周航空券を使うのであれば事前にルートを決めて、予約して購入しなければいけません。

しかも、世界一周航空券を買えば行きたい国すべてに行けることもほぼありません。
世界一周航空券は、

  1. スターアライアンス
  2. ワンワールド
  3. スカイチーム

といった航空会社加盟グループに分かれて販売されています。

たとえばJALはワンワールド、ANAはスターアライアンスグループに加盟しています。

JALが加盟しているワンワールドの世界一周航空券を買った場合は、スターアライアンスグループに加盟しているANAの航空券は買えないんです。

もしANAに乗りたい場合は、世界一周航空券とは別に、航空券を自分で買う必要があるんです。

世界一周航空券を買った場合、このルート選びが面倒なんですよね。

基本的には自分で調べましたが、僕ら夫婦の場合は世界一周旅行の代理店に行って一緒に手伝ってもらいました。

僕らは新宿にあるHISの世界一周デスクで申し込みましたが、他にも世界一周堂さんが有名ですね。

手数料はかかりますが、代理店に申し込んで手伝ってもらうのもありです。

片道航空券を都度買って世界一周しようと思われている方もちょっと待って欲しいですね。

僕は以前台湾一周しようとした際にですね。行きの航空券だけ買って、帰りのチケットは台湾一周後に買おうと思ってたんですね・

行きの航空券しか持ってなかったら、行きの飛行機に乗らせてもらえませんでした。

その時はその場で帰りの日程を急いで決めて帰りの航空券を買ったんですが、かなり焦りましたね。

航空会社によるみたいなんですが、片道航空券で行こうと思われている方は、それだけで入国できるのかだけは調べておいたほうが安心です。

使ってわかった「世界一周航空券」のメリットとデメリット!特徴や費用まとめ世界一周に行く前に知っておきたい世界一周航空券の種類と特徴・メリットとデメリットを紹介しています。...

 

3.クレジットカードを作っておく

世界一周に行くということは、大抵の人が会社を辞めてからいくと思います。

会社を辞めてしまうと、無職になるので一気に社会的信用が無くなります。

最悪クレジットカードが作れなかったりするので、会社を辞める前にクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

あと1枚だけだと、そのカードが盗まれたり使えなくなった場合はどうにもできなくなるので、最低でも2枚以上はもっておいたほうが安心です。

成田国際空港第2ターミナルにあるプライオリティパスが使えるラウンジに行ってきた成田国際空港第2ターミナルにあるプライオリティ・パスが使えるラウンジに行ってきました。楽天プレミアムカードを作ればプライオリティ・パスが無料で申し込めます。...

 

4.ビザを所得しておくことです

ビザとは簡単に言うと入国許可証です。

日本のパスポートは優秀だと言われてますが、ビザがないと入国できない国も結構あります。

ビザの取得方法は、大まかに分けると2種類あります。

  1. 日本で取得する
  2. 現地で取得する

ことです。

日本でビザを取得したい場合は、その国の大使館または総領事館で申し込めます。

サイトを確認して出向くようにしましょう。

入国の際に空港でもビザを取得できる国もあるんですが、現地でとる場合は手続きが面倒だったり、ビザが取得できない可能性もあるので、必ず事前に確認しておいたほうが良いです。

 

5.海外旅行保険に入っておくこと

これも重要です。世界一周中は本当に何が起こるかわからないので、必ず海外旅行保険に入っておいたほうが良いです。

僕は昔仕事でシンガポールに4ヶ月半いた時に、シンガポールについて10日目でベッドから落ちて左足小指を骨折(笑)。

1日の入院と手術費用が合計150万円(全部で200万円)かかりました。

保険に入っていたので全額建て替えですみましたが、もし保険に入っていなかったら全額自腹です。

そうならないためにも、海外旅行保険は入っておいて損はありません。

 

6.予防接種を受ける

予防接種も世界一周する場合は受けておいたほうが良いです。

僕の場合は

  1. A型肝炎
  2. 狂犬病
  3. 破傷風(はしょうふう)
  4. 日本脳炎
  5. 黄熱病

の5種類の予防接種を受けました。

予防接種は、1回受ければいいわけじゃなく、2,3回受けないといけないものもあります。

しかも一度予防接種を受けてから一ヶ月以上空けないと2回目が受けられなかったりするので、最低でも2ヶ月前には受けておいたほうが良いですね。

お金も結構かかるんですよ。僕の場合は74,000円くらいかかりました。

費用を抑えるために価格の安いタイで受ける人もいますが、僕はいろいろ怖かったので日本で受けてよかったなと思ってます。

予防接種に関することは、厚生労働省検疫所HPなどに詳しく書かれているので、事前にチェックしておきましょう。

世界一周に必要な予防接種を受けてきた|注意点や費用も紹介世界一周に必要な予防接種を受けてきた感想や注意点・費用を紹介しています。...

 

7.税金や年金の支払いをどうするか考えておく

長期間日本を離れる場合は、海外転出届けを出せば住民税などが免除になったりします。

住んでいる地域によって提出方法は異なると思うので、詳しくは役所で確認したほうが良いです。

僕ら夫婦は賃貸だったんですが、世界一周中は家賃を支払うのが嫌だったので解約していきました。

僕らは海外転出届けを出していったので、その年の住民税は支払ってないですね。

国民年金の支払いをどうするかなど、各種支払いについても事前に確認しておきましょう!

 

8.国際免許証や国際学生証を取っておく

海外でレンタカーを借りてドライブする場合は、国際免許証が必要です。

各都道府県の免許センターで取得できるので、海外でレンタカーを借りる場合は取得しておきましょう。

もし学生であれば、国際学生証を取得しておけば美術館やユースホステルなど割引価格で利用できるのでとっておいたほうが良いです。

 

9.友達や家族と会っておく

世界一周するということは、ある程度の期間日本を離れることになります。

日本の家族や友達が恋しくなると思います。

そのため世界一周前に会って思いを伝えておきましょう。

 

10.戸籍謄本か戸籍抄本を取得しておくこと


なぜに戸籍謄本?と思う人もいるかもしれませんが、これは万が一海外でパスポートを盗まれた時です。

今回の世界一周で妻がリスボンでスリに会い、パスポートと財布を盗まれました。

パスポートがないと旅を続けられないので、日本大使館でパスポートを再発行する必要があります。

その際に戸籍謄本が必要だからです。

手元にない場合は日本にいる家族に連絡して郵送してもらう必要があります。

手間がかかったりするので、万が一の時に備えて戸籍謄本を持っているとかなり安心。

パスポート用の写真も予備で持っておくと気持ちも楽です。

旅中に持ってくればよかったと思いました。

スリに合わないのがベストですが、旅中は何が起こるか分からないので、最悪を想定して準備しておくことが大切です。

 

世界一周にいくと決めたら早めに動き出そう

これは必要最低限のことなので、他にも何を持っていくかとか考える必要があります。

僕らは賃貸を解約して翌日にいったので、なんだかなんだかなりバタバタしていました。

直前にバタバタしないためにも、早めに色々と準備しておくことをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

COMMENT