日本から台湾へタイガーエアーで行ってきた感想や注意点

今日から2週間ほど日本の成田空港から台湾に行くことにしました。

今回利用したのはタイガーエアー。

タイガーエアーはシンガポールのLCC(格安航空会社)でしたが、2017年に同じくシンガポールのLCC(格安航空会社)であるスクートに統合されました。。

今までと同じで、航空会社を比較して最安の値段を表示してくれる「スカイスキャナーを使い、値段の安かったタイガーエアーを利用することにしました。

 

成田空港でいきなりピンチ!

家からバスで成田空港第二ターミナルに到着。

今回は気軽に台湾を一周したかったので、片道航空券しか買ってなかったんですよね。

早めに行って受付を済まそうとしたら、帰りの日程が分からないと航空券を発券できないとのこと!

そのため急いで帰りの便のチケットを取りなんとか航空券を発行してもらえることに。

めっちゃ焦りました。

詳しくは以下記事で。

台湾へ片道航空券で行こうとしたら搭乗拒否されてチケットを発券してくれなかった話

2018.03.02

 

皆さんも気をつけてください。

 

タイガーエアーの機内の様子

搭乗手続きを済ませ機内の中へ。

外観はかっこいいですね。

こちらがタイガーエアーの最前列の席。

 

最前列は前が広め。

2列目はこんな感じです。

 

猫のキャラクターがかわいい。

確かにシートの幅は広いですが、前の空間が少し狭いですね。

tigerproと言う少し高めの金額を支払っていますが、LCC(格安航空会社)だからしょうがないか。

 

タイガーエアーの機内メニュー

タイガーエアーの機内メニュー表はこちら。

 

僕は事前にネットで注文していたので、離陸後しばらくしてから料理が運ばれてくる。

 

肉団子と厚揚げが乗ったご飯。

味は普通です。

デザートは可愛くて美味しい。

 

13時に出発し、16時(時差1時間含む)に台湾の桃円国際空港に到着。

 

タイガーエアーは台湾に行くだけなら問題ない!

今回タイガーエアーを始めて利用しましたが、台湾に行くだけなら問題ないですね。

ただ僕はわがままなので、もう少しビジネス席は広めでも良いんじゃないかなと思いました。

桃園国際空港から台北駅まで電車(MRT)を使ったらめっちゃ楽チンだった!

2018.03.03

台湾の桃園国際空港で中華電信の「SIMカード」を購入してみた感想と料金

2018.03.02

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします