台北の空港に着いたら「悠遊カード(EASYCARD)」を買っておくと移動が楽チン

外国に行くと電車やバスの移動が大変ですよね。

日本だとSuicaやICOCAなどの電子マネーを当たり前のように使っていますが、海外に行くとまるで赤ちゃんになってしまい、切符の買い方すらわかりません。

海外で電車の切符を買うのに結構時間を取られちゃったりするんですよね。

後ろの人の威圧感がすごくて「ええい!もう高いの買っちゃえ!」と勢いで高い切符を買っちゃったりして。

海外で切符を買うのは何かと面倒なもの。

日本みたいな電子マネーがあれば良いのにと思っている、そんなあなたには「悠遊カード(EASYCARD)」がおすすめです。

 

悠遊カード(EASYCARD)とは

悠遊カード(EASYCARD)はSuicaやICOCAのような電子マネーのことで、台北の電車やバスでも利用可能です。

中国語では「悠遊卡(ヨウヨウカー)」と読みます。

僕は前回台湾一周した時に、この悠遊カード(EASYCARD)にかなり助けられました。

 

悠遊カード(EASYCARD)を買える場所

悠遊カード(EASYCARD)を買える場所は、各駅の受付やインフォメーションセンター、コンビニでも買えます。

スタッフさんにイージーカードが欲しいと言えば伝わります。

悠遊カード(EASYCARD)を使うと、台北のMRTの運賃が2割引になったりちょっとした割引があるんです。

コンビニでも使えます。

ちょくちょく変更されているそうなので、詳しくは公式サイトを確認してください。

⇒悠遊カード(EASYCARD)公式サイト

 

悠遊カード(EASYCARD)を台北松山空港で購入してみた

前回台湾に来た時は、桃園国際空港に着いたので桃園国際空港で購入。

今回は台北松山空港到着だったので、台北松山空港で購入することにしました。

台北松山空港に到着してまずはSIMカードを購入。

その後展望デッキに登りいよいよ悠遊カード(EASYCARD)を買いに出発。

台北松山空港の外に出てMRTを目指します。

 

外に出てすぐ左にMRTの入り口があるので、改札前まで行ってください。

 

改札前にインフォメーションがあるんですが、ここのスタッフさんに「イージーカードプリーズ!」と言えば売ってくれます。

 

こちらが悠遊カード(EASYCARD)。

 

どうです?めっちゃ可愛いでしょ!!

お土産として記念に持って帰るのも全然ありです。

 

悠遊カード(EASYCARD)の値段は?

悠遊カード(EASYCARD)の値段は100台湾ドルです。

これは返って来ないので注意しましょう。

いくらチャージするか聞かれるので、希望額をチャージします。

どれくらいチャージするか分からない場合は、スタッフさんに言えば大体の額を教えてくれます。

僕は6日間滞在すると伝えると、「300台湾ドルくらいで良いわよ」と言われました。

万が一足りなくなっても、専用のチャージ機械があるから安心です。

 

台湾の公共料金は日本よりも安いので、気持ち少なめにチャージしておくのが良いかもしれません。

 

たくさん移動する場合は悠遊カード(EASYCARD)を買っておくと便利!

僕は面倒臭がりなんで買っちゃってますが、それほど移動しない人にとってはマイナスになるかもしれません。

カードを発行するだけで100台湾ドルかかるので、自分の旅行スタイルに合わせて買うか買わないかを決めていただければと思います。

 

【あわせて読みたい記事】

台湾・台北駅周辺にあるおしゃれでかわいいおすすめのホテル宿6選

2018.03.15

台湾・台北旅行で行って良かった人気でおすすめの観光スポット13選

2017.03.05

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします