ムーミン

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」の開演時間やショーをみた感想

2019年3月16日(土)、埼玉県飯能市にムーミンバレーパークがオープンしました!

ムーミン好きの僕にとっては嬉しい限り。色んなお店やアトラクションがあるので一日中楽しめます。

中でも一度は見ておきたいのが、ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」で行われるショー。

リアルムーミンやスナフキン、ミイたちを見られます。ショーの演出は芸能人の小栗旬のお兄さんがされているそうです。

この記事では、ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」の開演時間やショーをみた感想をネタバレありで紹介しています。

 

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」のショーの開演時間

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」の開演は1日3回です。

開演時間は以下の3回(各公演30分)。

  1. 11時〜
  2. 15時〜
  3. 16時30分〜

※2019年3月18日時点の情報です。最近の時間はムーミンバレーパークにご確認ください。

来るまで時間が知らず、11時20分頃に着いたら最後の方だけ少し見られました。

15時の回を見るために、その時間をズラしてアトラクションのチケットを取るようにしていました。

もしショーを見る予定の方は、上記の時間帯は開けておきましょう。入場料は無料で座席は先着順です。

ちなみに11時と15時のショーの内容は同じでした。

 

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」のショーを見た感想


※ここからはネタバレありなので、ネタバレOKな方だけご覧ください。

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」のショーの内容を簡単にまとめます。

春になりスナフキンがムーミン谷に戻ってきます。みんなと再開を喜んでいるときに大きなハットを見つけます。

ムーミンパパにプレゼントするもサイズが大きいのでゴミ箱として利用することに。

後日ムーミン達がかくれんぼをした時に、ムーミンが隠れ場所として大きなハットの中に隠れます。

そしたらなんとムーミンが別の生き物の姿に変わってしまいます。みんなは変わり果てたムーミンの姿を見てもムーミンと気がつかず。

そんな時にムーミンママが現れ、ムーミンが必死に僕がムーミンだと説明する。

目を見たムーミンママは、この子はムーミンだと分かるとムーミンは元の姿に戻る。

最後に歌をみんなで歌って終わりという内容です。本でも似たような内容の話がありましたね。

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」のショーを見た感想ですが、途中気持ちが重くなりました。

ムーミンはみんなが自分の気がつかないのを、ゲームをしているのだとと思うんですが、それが本当だと分かり泣き叫びます。

実の親のムーミンパパにまで、「どちら様ですか?」と言われる始末。見てみて少し胸が痛かったですね。

それが本当のムーミンだとわかった瞬間、「よかったね〜」と手のひら返しで喜ぶ。

「よかったね〜じゃねえよ(笑)」

その辺を許せるムーミンは素敵だなと思いました。

あとはやっぱりキャラクターのダンスは必見ですね。全体的にゆるい感じがたまらなかったです。

 

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」は一度は見ておきたいおすすめショー

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」は、生きる上に置いて大切な物を教えてくれる素敵なしょーでした。

生でムーミンキャラクターがみられるので、それだけでも価値はあります。

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」は、ムーミンバレーパークに行ったら一度は見ておきたいおすすめのショーです。

⇒ムーミンバレーパーク公式HP

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします